2012年02月29日

1019年

年号 〈ベーシック・スタイル〉のゴロ(語呂合わせ)
1019

3月28日

4月13日
@ 刀伊、九州急襲
▷ゴロの仕組▷
言葉の
  説明
(ダジャレなど)
なし

なし
      韻  ▷
(ラップ)
九州急襲

       ⇅   ▷
数字


10


きゅ



×
しゅ

×
l*`▲´*/≪ませら亭 暴羅のゴロの解説壱席 }( ´ ▽ ` )
|*`▲´*/ ≪「9」の読み方はふつう「きゅう」だから、「きゅ」を数字の「9」に変換するルールにするのも逆に「9」を「きゅ」に変換するルールにするのも当たり前って感じするだろうけどよぉ、ここのゴロ合わせサイトの変換ルールでは、悪いけどそう簡単には行かねえんだな、これが。このサイトでは文字から数字への変換の方法をキチンとさせるために数字の読み方の最初の1文字だけを取って読むってぇのが基本のルールになりやがってるからよぉ、そうは行かねえ、そうは問屋が卸さねえってことになるワケだあな。だから例えば「きゃ」や「きょ」の小さい「ゃ」「ょ」も1文字と数えてよぉ、「きゃ」は数字の「98」に、「きょ」は数字の「94」に変換する、これが基本のルールになってんだけどよぉ、「きゅ」の場合はどうしても「きゅう」つまり数字の「9(きゅう)」のイメージが強すぎるからあよぉ、特別なあつかいをするしかねえんだわな、これがよぉ!
( ´ ▽ ` ) {「例外」ってことでありんすな。そう言やあ、他にもこのような例外がありんすなぁ…
|*`▲´*/ ≪ おう!「ふぁ」が英語の「5」の読みである「ファイブ」から数字の「5」に変換するルール、「ふぉ」がこれまた英語の「4」の読みである「フォー」から数字の「4」に変換するルール、そして、「じゅ」が数字の「10」の読み方の「じゅう」から「10」に変換するルールになってんるんだぜ。
( ´ ▽ ` ) { これまでにあったゴロ合わせの読み方に合わせられる所は合わせてるワケでありんすな。
|*`▲´*/ ≪ そういうこと、ってやんでい!だから、がんばってよぉ、間違えないように覚えてくれよな!

( ´ ▽ ` ){ませら亭 メラク&ボウラのぼけゴロ史解説壱席 |*`▲´*/
( ´ ▽ ` ) { この年(1019年)刀伊(とい)の賊が、3月28日に壱岐(いき)・対馬(つしま)を襲ったのを皮切りに4月7日に本土に上陸、九州を急襲!大暴れ、掠奪(りゃくだつ)と殺人を繰り返すこになりんした。日本側も慌てて態勢をととのえて迎撃に入り、4月13日になんとか撃退に成功。この刀伊の賊の襲撃で約365人の方が犠牲になったと伝えられているでありんす。ちなみに「刀伊」は朝鮮の北方に住むツングース系の民族でかつては「女真族(じょしんぞく)」と呼ばれていた人たちを指すと言われているでありんす。当時の朝鮮半島にあった「高麗(こうらい)」という国ではこの日本への襲来以前から刀伊の賊に悩まされておりんしてな、その対策を盛んに行っていたんでありんすよ。でですな…
|*`▲´*/ ≪ それによって刀伊の賊たち、「高麗」を襲いにくくなっちまったってぇ言うんで、勢い余って日本にやって来たってぇワケだ!
( ´ ▽ ` ) { あいなりんす。
|*`▲´*/ ≪ ま、でもアレだあな。あくまでも刀伊の「賊」であって刀伊族では、無えワケだあな。言ったらよぉ、逆「倭冦(わこう=当時の日本人を中心にした海賊)」みてえなもんだな。どこにだってヒデえことが平気でデキるヤツらってぇのはいるもんだからな。
( ´ ▽ ` ) { あいな。
資料
準備中


posted by ヒストリック・パパ at 02:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ▷平安時代(13)1000年〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。