2011年11月11日

716年

年号〈マクラップ・スタイル〉のゴロ合わせ
716

ゴロ@ 旅ロケ!タベロゲ!
右向き三角1ゴロの仕組右向き三角1 マクラコトバ 右向き三角1
(無関係な有名フレーズ)
タビロケ
歴史ダジャレ 右向き三角1
(歴史事件部分)
タビロゲ
言葉の
   説明   右向き三角1
(ダジャレなど)


多治比県守
じひのあがたもり)


吉備真備
(きのまき


阿倍仲麻呂
(あべのなかま


玄ム
んぼう)

         ⇅     右向き三角1
数字








×


×
|*`▲´*/≪ませら亭 暴羅&愛楽のゴロの解説壱席 }( ´ ▽ ` )
|*`△´*/ ≪ 後の方の〈歴史ダジャレ〉になりやがる「タビロゲ」の最後の文字は、見てのとおり「ゲ」であって、「ケ」じゃ無えってことに注意な。
でぇ、ついでに変換について言っとくとよぉ、数字の「7」 は、「七夕」を「たなばた」ってぇ読むのをモデルにして、その頭の文字になりやがる「た」に変換できるルールになってんだぜ!
それから「び」だけどよぉ、基本の変換ルールとして「濁点」は自由に付けたり取ったりできることになってんからなぁ。
( ´ ▽ ` ) { つまり、ここのゴロの数字の「1」は、その読みの「ひとつ」から「ひ」に変換するルールを取ってることになりんすが、その「ひ」にさらに濁点を付けて「び」に変換させてる、ってぇことでありんすな。
|*`▲´*/ ≪ おう!そういうことだぜ!逆に言やあよぉ、「び」は「ひ」にもなれるからこそ数字の「1」に変換できるってぇ、見ることもできるんだぜ!ぜひ、覚えてくれよな!

( ´ ▽ ` ){ませら亭 メラク&ボウラのぼけゴロ史解説壱席 |*`▲´*/≪
( ´ ▽ ` ) { この年(716年)、ここのゴロに出て来た「タベロゲ」っていう変な言葉で表される災難にあった、多治比県守(たじひあがたもり)さん、阿倍仲麻呂(あべのなかまろ)さん、吉備真備(きびのまきび)さん、お坊さんの玄ム(げんぼう)さんなど、後の日本に影響を与える豪華メンバーを加えた遣唐使の一行が当時の中国に当たりんす「唐(とう)」の国に向けて出発しやんした。
資料
準備中


posted by ヒストリック・パパ at 07:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ▷飛鳥時代@7世紀前半 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。