2012年03月28日

コンボ・708年(和同開珎)・760年(万年通宝)・779年(神功開宝)

皇朝三銭の
    コンボ!!
年号
▼コンボのゴロ▼
歴史かんたん説明
@
708
なれ初通貨「和同開珎」 特に無し
A
760
なろお10倍「万年通宝(まんねんつうほう)」 特に無し
B
779
なんなく三銭等価「神功開宝(じんぐうかいほう)」 特に無し
右向き三角1
コンボ

解説
右向き三角1
右向き三角1「コンボ」とは内容の関連した2つ以上の歴史事件・出来事がつながるようにそれぞれのゴロ合わせを作って、まとめて覚えてしまおう!という当サイトならではの究極奥儀のひとつなのです。
右向き三角1








右向き三角1


@ なれ初通貨「和同開珎」
☞ゴロの仕組☞ 別の意味を
持つ言葉
(ダジャレ)
なし

なし

(ラップ)
このゴロでは無し


数字








×


×
|*`▲´*/≪ませら亭 暴羅&愛楽のゴロの解説壱席 }( ´ ▽ ` )
|*`△´*/
右向き三角1








右向き三角1


A なろお10倍「万年通宝(まんねんつうほう)」
☞ゴロの仕組☞ 別の意味を
持つ言葉
(ダジャレ)
なし

なし

(ラップ)
このゴロでは無し


数字






10

×


×
|*`▲´*/≪ませら亭 暴羅&愛楽のゴロの解説壱席 }( ´ ▽ ` )
|*`△´*/ ≪ 「なろう」じゃなくて「なろお」になってるってぇことに要注意だぜ!
右向き三角1








右向き三角1


B なんなく三銭等価「神功開宝(じんぐうかいほう)」
☞ゴロの仕組☞ 別の意味を
持つ言葉
(ダジャレ)
なし

なし

(ラップ)
このゴロでは無し


数字








×


×
|*`▲´*/≪ませら亭 暴羅&愛楽のゴロの解説壱席 }( ´ ▽ ` )
|*`△´*/
歴史的
解説
右向き三角1

( ´ ▽ ` ){ませら亭 メラク&ボウラのぼけゴロ史解説壱席 |*`▲´*/≪
( ´ ▽ ` ) { @の【708年】の「和同開珎」のゴロについては、すぐ上の【708年】のゴロの説明を見て欲しいでやんす。
|*`▲´*/ ≪ まあ、そう ならあな。
( ´ ▽ ` ) { Aの【760年】の「万年通宝(まんねんつうほう)」のゴロは、この年に鋳造され、流通に出されるわけでありんすが、その時、前に出された「和同開珎」1枚に対して「万年通宝」10枚のレートで発行されたことを表しているんでありんすよ。
|*`▲´*/ ≪ 和同開珎の10倍の価値をもって出てきったってェわけだあな。
( ´ ▽ ` ) { あい。で、Bの【779年】の「神功開宝(じんぐうかいほう)」のゴロは、この年、発行された神功開宝が、それより前に出された和同開珎と万年通宝と同じ価値を持って出されたんでありんすよ。
|*`▲´*/ ≪ つまりよお、それまでは10倍のひらきがあった和同開珎と万年通宝までもが同じ価値に成っちまったわけだ。昔のじでえ(時代)もよう、経済対策は、てえへん(大変)なんだろうけどよお、使う方はたまったもんじゃねえぜ!てやんでい!
( ´ ▽ ` ) { で、ありんしたでしょうなあ、当時のお人達。
資料
準備中


posted by ヒストリック・パパ at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ▷飛鳥時代B7世紀後半 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。