2012年04月04日

792年(早良親王の怨霊が現る!)

▼年号 〈ことわざ・スタイル〉のゴロ( 語呂合わせ

〈ことわざ・スタイル〉とは、文字どおり「諺(ことわざ)」をベースにしてゴロ合わせを作るスタイルのことです。
792

ゴロ@ 泣きつけば、触らぬ神に祟りあり!


触らぬ神に祟りなし

▼ベースになった諺(ことわざ)の意味▼
【意味】わざわざ関係しなければ余計な災いを受けることもない
【類句】参らぬ仏に罰は当たらぬ
右向き三角1ゴロの仕組右向き三角1
言葉の
  説明右向き三角1
(ダジャレなど)
泣きつけば

占い師に泣きつく
ことを表す
触らぬ神

早良(さわら)親王
の霊を表す
祟りあり

ことわざでは
「祟りなし」
      韻  右向き三角1
(ラップ)
このゴロでは無し

     ⇅ 右向き三角1
数字








×


×
l*`▲´*/≪ませら亭 暴羅のゴロの解説壱席 }( ´ ▽ ` )
|*`▲´*/ ≪ ゴロの言わんとしてるこったぁよぉ、「安殿(あて)皇太子さんの病気の原因が分からなくて、占い師に泣きついたところ早良親王さんの祟りのせいだってぇ結果が出たんで、早良親王さんを触らないで放って置いたら祟りがあったぞ!」ってぇ感じなんだわ。ベースに使用している「諺(ことわざ)」の方はよぉ、本来「祟りなし」で「なし」だってぇことに注意な。
( ´ ▽ ` ) { 間違えて、覚えられては、困るによってなぁ。
|*`▲´*/ ≪ そういうことだぜ!

( ´ ▽ ` ){ませら亭 メラク&ボウラのぼけゴロ史解説壱席 |*`▲´*/≪
( ´ ▽ ` ) { この年の6月10日桓武天皇さんの嫡子(ちゃくし)でありんす「安殿(あて)皇太子」さんが重い病気になりんしてなぁ、それを治すために卜(占い)をしたんでありんすよ。
|*`▲´*/ ≪ そこが、この時代らしさってことなんかねぇ。今だってぇそういうやつぁ少なからずいるけどよっ。で、どんなうらねえ(占い)の結果が出たんでい、てやんでい!
( ´ ▽ ` ) { あはら。でですな、占ったところ前の時代のゴロにも出て来た「早良親王(さわらしんのう)」さんの祟りのせいだってぇ結果が出たんでありんすよ。
|*`▲´*/ ≪ なな!つまりよぉ、早良親王さんの怨霊(おんりょう)が悪さをしてたってぇことだあな。早良親王さんってぇ言ったらよぉ、暗殺事件の犯人の1人とされてぇ、島流しにされてぇ、その途中でお亡くなりになられたヤツだあな?
( ´ ▽ ` ) { あいな。でありんすからによって、桓武天皇さんは、早良親王さんのお墓のある淡路(あわじ)の地に使いを派遣して早良親王さんの霊に謝らせたんでありんすよ。
|*`▲´*/ ≪ なななな!それってよぉ、自分たちのせいで、早良親王さんが死んじゃったってぇ認めたってぇことじゃねえか!
( ´ ▽ ` ) { まあ、そうなりんすなぁ。ただ、どんな風に謝ったんかは、よく分からないでありんすからによって。
|*`▲´*/ ≪ アレだな。早良親王さんを罠にはめて犯人に仕立てあげたこと、を謝ったんか、間違えて犯人にしちまったこと、を謝ったんかじゃぁ大きく事件の様相は変わってくるからな。てか、自分たちで謝りに行きやがれ!
資料
準備中


posted by ヒストリック・パパ at 01:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ▷奈良時代C8世紀後半 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。