2012年04月05日

741年(国分寺建立の詔(みことのり))

年号 〈俳句・スタイル〉のゴロ(語呂合わせ)
741

@ 梨イートしちゃえば鐘が鳴るなり国分寺
☞ゴロの仕組☞ 季語 不定
上句
中句
下句
梨イート(eat)しちゃえば
鐘が鳴るなり
国分寺(こくぶんじ)
別の意味を
持つ言葉
(ダジャレ)
イート(eat)

食べる( 喰う)

(ラップ)
このゴロでは無し


数字








×


×
l*`▲´*/≪ませら亭 暴羅のゴロの解説壱席 }( ´ ▽ ` )
( ´ ▽ ` ) { お気づきの人も多いでありんしょうが、有名な俳句がベースになっておりんす。
|*`▲´*/ ≪ 正岡子規の「柿食えば鐘が鳴るなり法隆寺」だわな。
( ´ ▽ ` ) { あい。なんで、「柿」じゃなくて「梨」だってことに注意してもらいてえのと、「食えば」じゃなくて、@のゴロでは、「イートしちゃえば」と「英語の食えば」になってることと下のAのゴロでは「あれば」と大きく変わっていることにも注意して欲しいでありんすね。
|*`▲´*/ ≪ あと、「法隆寺」じゃあなくてよ、「国分寺」だってえことにもだあな。
( ´ ▽ ` ) { あいな。
〈俳句・スタイル〉のゴロ(語呂合わせ)


A 梨あれば鐘が鳴るなり国分寺
☞ゴロの仕組☞ 季語 不定
上句
中句
下句
梨あれば
鐘が鳴るなり
国分寺(こくぶんじ)
別の意味を
持つ言葉
(ダジャレ)
梨あれば鐘が鳴るなり国分寺

柿食えば鐘が鳴るなり法隆寺

(ラップ)
このゴロでは無し


数字








×


×
l*`▲´*/≪ませら亭 暴羅のゴロの解説壱席 }( ´ ▽ ` )
|*`▲´*/ ≪ ゴロ@の改造バージョンだぜ!

( ´ ▽ ` ){ませら亭 メラク&ボウラのぼけゴロ史解説壱席 |*`▲´*/≪
( ´ ▽ ` ) { この年、国分寺の建立(こんりゅう)の詔(みことのり)が出されたんでありんす。国ごとに1寺というんは、当時の中国・唐の国の 模倣、つまりマネでやんす。仏教をひとつの呪術として捉えて、その力で国家を色んな意味で守ろうとした結果になりんすよ。
|*`▲´*/ ≪ じでえ(時代)だねえ…
資料
準備中


posted by ヒストリック・パパ at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ▷奈良時代A8世紀中盤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。