2012年04月05日

752年(東大寺大仏開眼供養)

年号 〈ベーシック・スタイル〉のゴロ(語呂合わせ)
752
@ 鎮魂に奈良の大仏開眼す
☞ゴロの仕組☞ ダジャレ
部分
なし

なし

(ラップ)
ナシ


数字
鎮(ちん)

魂(こん)



|*`▲´*/≪ませら亭 暴羅&愛楽のゴロの解説壱席 }( ´ ▽ ` )
|*`▲´*/≪ ≪ 「鎮魂」のだな、「ちん」にしろ「こん」にしろだな、「ん」は数字に変換しねえんだってェことをよお、しっかり覚えてくれよな。
( ´ ▽ ` ) { 「7」は中国語読みの「チー」からの理屈を使ってでありんすな、その最初の一文字を取って、「ち」になるんでありんすよね。
|*`▲´*/≪ ≪ おうよ!

( ´ ▽ ` ){ませら亭 メラク&ボウラのぼけゴロ史解説壱席 |*`▲´*/≪
( ´ ▽ ` ) { この年、752年に奈良にある有名な東大寺の大仏さんの開眼供養(かいげんくよう)がおこなわれたんでありんすよ。
|*`▲´*/≪ ≪ 大仏さんがちゃんと完成して、そのお披露目会ってぇとこだな。
( ´ ▽ ` ) { あいな。ちなみに、高さは16メートルで、目の長さは約1.2メートルになりんす。
|*`▲´*/≪ ≪ デカ!
( ´ ▽ ` ) { @のゴロの「鎮魂」は「ちんこん」と読むでありんす。
|*`▲´*/≪ ≪ ま、開眼供養ってぇ儀式と魂鎮(たましいしず)めの儀式を掛けた訳だあな。
資料
準備中


posted by ヒストリック・パパ at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ▷奈良時代A8世紀中盤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。