2012年04月05日

753年(朝賀儀・新羅と席次争い)

年号 〈ベーシック・スタイル〉のゴロ(語呂合わせ)
753
@ 七五三が似合いの席次争い
☞ゴロの仕組☞ ダジャレ
部分
なし

なし

(ラップ)
ナシ


数字






|*`▲´*/≪≪ませら亭 暴羅&愛楽のゴロの解説壱席 }( ´ ▽ ` )
|*`▲´*/≪ ≪ 「七五三(しちごさん)」みてエによオ、数字が使われてる言葉は、その使われてる数字がそのまんまに変換するルールになりやがってェいるからなー。
( ´ ▽ ` ) { つまり兄さん、ここでは「七五三」がそのまんま年号になるワケでありんすな。
|*`▲´*/≪ ≪ おうよ!だからよオ、「七五三」は753年のゴロを表してるぜ!ってことになるのよ。でもよオ、例えばだよ、「あす七五三〜」って、フレーズだったらよオ、「あ」と「す」と「七」が数字変換の対象になってだよ、「あ」は「1」に変換されて、「す」は「4」に変換されて、「七」は、まんま「7」に変換されて、「五」はこれまた、まんま「5」に変換されてだあな、「1475年」を表すフレーズだってェことになってよっ、この場合は「七五三」の「三」は数字に変換しねえってことになるワケよ。
( ´ ▽ ` ) { 言うたら、「七」が「しち」と読むからと言って、「47」に変換されたりしねえってことでありんすなあ。
|*`▲´*/≪ ≪ だぜだぜ。べらぼうめ!

( ´ ▽ ` ){ませら亭 メラク&ボウラのぼけゴロ史解説壱席 |*`▲´*/≪
( ´ ▽ ` ) { この年、その当時の中国の国である「唐(とう)」で行なわれた朝賀儀(ちょうがき)で、日本と新羅(しらぎ)が席次(せきじ)を争って、日本がより上位をゲットしたんでありんすなあ。
|*`▲´*/≪ ≪ まあ、全然たいした事件じゃあねえけどようこの時代にこういうバカやってたてぇことも覚えておくと、ただ、重要なとこだけ覚えるんよりもよう、世界観がぁ広がってよう、かえって良く覚えたりするってぇことだよな!
( ´ ▽ ` ) { あい。
資料
準備中


posted by ヒストリック・パパ at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ▷奈良時代A8世紀中盤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。