2012年04月05日

758年(藤原仲麻呂が恵美押勝の名を賜わる)

年号 〈ベーシック・ダジャレ・スタイル〉のゴロ(語呂合わせ)
758

8月
@ 中は仲麻呂、外は恵美
☞ゴロの仕組☞ ダジャレ
部分
なし

なし





(ラップ)
ナシ


数字








×


×
l*`▲´*/≪ませら亭 暴羅&愛楽のゴロの解説壱席 }( ´ ▽ ` )
|*`▲´*/ ≪ この年に藤原仲麻呂さんに「恵美押勝(えみおしかつ)」ってぇ言う新しい名前が付いたんで、「中身は仲麻呂だけどよお、外身は恵美押勝だあな」ってやんでい!ってな具合のゴロだぜ。


A 中はマロン、外は大カツ
☞ゴロの仕組☞ ダジャレ
部分
マロン

(仲)麻呂
大カツ(大きなカツ)

押勝(おしかつ)



(ラップ)
ナシ


数字








×


×
|*`▲´*/≪≪ませら亭 暴羅&愛楽のゴロの解説壱席 }( ´ ▽ ` )
( ´ ▽ ` ) { マロンは栗のことでありんすね。わちき、大大好きでありんすよ。
|*`△´*/ ≪ なんでい、女の子見てえによお。
( ´ ▽ ` ) { あはら。つまり、マロンとカツで食べ物つながりにしてあるってぇ具合になりんすなあ。
|*`▲´*/ ≪ まあ、あんまり、うめえつなげ方ぁとは言えねえがよお、記憶ってぇのは、そういう、物ごとのグループ関係のなかでのつながり方が重要だったりするみてえだからな。ま、ゴロをそういう作りにしようってぇ努力は、おそらく無駄にはならねえだろうしよお、使う人だってよお、そうなってねえゴロよりは頭ん中に入りやしぃはずなワケ、ってなべらぼうめえ!


B 中はマロン、外はエビ大カツ
☞ゴロの仕組☞ ダジャレ
部分
マロン

(仲)麻呂
エビおおカツ

恵美押勝(えみおしかつ)



(ラップ)
ナシ


数字








×


×
|*`▲´*/≪≪ませら亭 暴羅&愛楽のゴロの解説壱席 }( ´ ▽ ` )
|*`△´*/ ≪ 見ての通り、Aのゴロの改良バージョンだあな。「エビ」をプラスしてさらに「恵美押勝」に近づけたワケだぜ!
( ´ ▽ ` ) { もし、ボウラさん?「エビ」っだたら、「エビフライ」に、なりなさるんじゃあ……
|*`▲´*/ ≪ ワハ…。ワハ…。
( ´ ▽ ` ) { ???なんなりんすか、そりゃあ?

|*`▲´*/≪ 半ば笑って押して勝つ!
( ´ ▽ ` ) {「 半(なか)ば」は「758」に変換できるでありんすし、「笑って」は「笑み」で「恵美」になりんすし、「押して勝つ」は縮めると「押勝」になりやんして……ちゃんとしたゴロになってるじゃありゃせんかチョイとボウラさんや。
|*`▲´*/ ≪ ワハ、ワハ、ワハ。

〈マクラップ・スタイル〉のゴロ合わせ


C 名古屋はミソカツ!名,恵美オシカツ!
☞ゴロの仕組☞ マクラコトバ▷ 名古屋はミソカツ!
歴史ダジャレ▷ 名,恵美オシカツ!

          ⇅      ▷
数字








×


×
|*`▲´*/≪ませら亭 暴羅&愛楽のゴロの解説壱席 }( ´ ▽ ` )
|*`△´*/ ≪ 〈マクラップ・スタイル〉だぜ!

( ´ ▽ ` ){ませら亭 メラク&ボウラのぼけゴロ史解説壱席 |*`▲´*/≪
( ´ ▽ ` ) { この年、前にも出て来た藤原仲麻呂(ふじわらのなかまろ)さんに「恵美押勝(えみおしかつ)」の名前を賜(たま)わりやんす。
|*`▲´*/ ≪ つまりよお、仲麻呂さんはよお、名を「恵美押勝」に変えたってえわけだあな。
( ´ ▽ ` ) { あい。
|*`▲´*/ ≪ それにしてもよう、どっちが、苗字だか、名前だか分かんねえ変てこりんな名前なこったぜ。
( ´ ▽ ` ) { あはらあはら。で、この名を賜るんと同時に、私的には行なえない鋳銭(ちゅうせん)と出挙(すいこ)の権限も賜ることになりんす。そんで、同日に役所の名前が唐風に改められりんす。例えば、「太政大臣(だいじょううだいじん)」は「太師」といった具合になりんす。
|*`▲´*/ ≪ また、なんでい、てやんでい!?
( ´ ▽ ` ) { 恵美押勝さんは、今風に言うと中国オタクだったんでありんす。
|*`▲´*/ ≪ ぬな!なんてえ、わがまま!ぜ〜ったい、やなやろうだぜ、こいつぁよう。オタクは嫌いじゃあねえけどよう、この場合はよ、コスプレを好きでもない奴にまで強要するようなもんだろう?絶対にやな方のオタクだぜ。だから、こいつの場合はよう「恵美押勝」ってぇ名より「趣味押し付け」のほうがお似合いだぜ、ホントによう!
( ´ ▽ ` ) { あらさ。これはまた、おあとがよろしいようでありんす。
資料
準備中


posted by ヒストリック・パパ at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ▷奈良時代A8世紀中盤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。