2012年04月05日

764年(吉備真備が政界に復帰する)

年号 〈パロディ・スタイル〉のゴロ(語呂合わせ)
764

1月
@ なろーよ、お供にキビダンゴ
☞ゴロの仕組☞ ダジャレ
部分
キビ

吉備(きび)

(ラップ)
ナシ


数字






×




×
l*`▲´*/≪ませら亭 暴羅のゴロの解説壱席 }( ´ ▽ ` )
|*`▲´*/ ≪ 「なろーよ」は正確には「なろうよ」であってよお、それを数字変換するとだよ、「765」になっちまうんだけどよっ、ここでは「ろう」の所を「ろー」ってぇ無理やんりに伸ばすことで、伸ばす文字の「ー」を使ってだな、「ー」は数字変換しねえっていうルールを利用して「764」になるようにしているワケなんだわ、これが。
( ´ ▽ ` ) { 歴史の内容に合い、なおかつ年号にも合う言葉やフレーズってぇ言うんは、なかなか見つからねえってぇことでありんすな。
|*`▲´*/ ≪ せーえーこと(そういうこと)。ま、それがゴロ作りの醍醐味でもあるんだろうけどよっ。

( ´ ▽ ` ){ませら亭 メラク&ボウラのぼけゴロ史解説壱席 |*`▲´*/≪
( ´ ▽ ` ) { この年、吉備真備(きびのまきび)さんが政界の中央に返り咲きするんでありんす。当時の政界の権力者でありんした藤原仲麻呂さんに嫌われて、疎(うと)まれて左遷されていたんが、14年ぶりに復活したんでありんすよ。
|*`▲´*/ ≪ 仲麻呂さんってぇ言やあ、確か恵美押勝とも言うんだったよなあ?
( ´ ▽ ` ) { あい。
|*`▲´*/ ≪ おう、よ〜く覚えてるぜ!これより前の時代のゴロでいっぺー出て来たからな。ってぇことはよお、仲麻呂さんが失脚したからこその吉備真備さんの復活であり、このことからも、いかに,こん時の仲麻呂さんに力が無くなっちまってるか、ってぇことがよ〜く分からあな。
( ´ ▽ ` ) { あいな。
資料
準備中


posted by ヒストリック・パパ at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ▷奈良時代B8世紀後半 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。