2012年04月07日

804年3/28(最澄&空海、唐へ)

▼年号 〈ベーシック・ダジャレ・スタイル〉のゴロ(語呂合わせ)
804

3月28日
ゴロ@
晴れ姿、さいくー!
右向き三角1ゴロの仕組右向き三角1
言葉の
  説明右向き三角1
(ダジャレなど)
さいくー

最高
さいくー

最澄&空海の略
      韻  右向き三角1
(ラップ)
このゴロでは無し

     ⇅ 右向き三角1
数字








×


×
l*`▲´*/≪ませら亭 暴羅のゴロの解説壱席 }( ´ ▽ ` )
|*`▲´*/ ≪ 特に無しだぜ!

( ´ ▽ ` ){ませら亭 メラク&ボウラのぼけゴロ史解説壱席 |*`▲´*/≪
( ´ ▽ ` ) { この年の3月28日、遣唐使である藤原葛野麿さんに節刀(せっとう)が授けられ遣唐船が派遣されやんした。この一団の中には後に平安時代の2大仏教とも呼べる「真言宗(しんごんしゅう)」と「天台宗(てんだいしゅう)」のそれぞれの開祖である「空海(くうかい)」さんと「最澄(さいちょう)」さんが、さらにはその後の朝廷で活躍なされ、今、紹介しやんした「空海」さんとともに「三筆(さんぴつ)」に数えられる「橘逸勢(たちばなのはやなり)」さんとそうそうたるメンバーが乗船してたんでありんすよ。
|*`▲´*/ ≪ アレだぜ。平安京遷都から数えてよぉ、ちょうど10年、新しい時代が幕を開けたことを象徴するような出来事だと言えなくもねえってことだあな。
( ´ ▽ ` ) { あいな。
資料
準備中


posted by ヒストリック・パパ at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ▷平安時代 @ 794年〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。