2012年04月11日

816年(検非違使の文献初登場)

年号 〈五七五・スタイル〉のゴロ(語呂合わせ)
816

2月
ゴロ@ 入るなら検非違使よりもケツメイシ
▷ゴロの仕組▷     季語 右向き三角1 不定
    上句 右向き三角1
    中句 右向き三角1
    下句 右向き三角1
入るなら
検非違使よりも
ケツメイシ
言葉の
  説明右向き三角1
(ダジャレなど)
なし

なし
     韻 右向き三角1
(ラップ)
検非違使(けびいし)ケツメイシ

     ⇅ 右向き三角1
数字








×


×
l*`▲´*/≪ませら亭 暴羅のゴロの解説壱席 }( ´ ▽ ` )
|*`▲´*/ ≪ 数字の「6」は、「六」の中国語読みの「ルー/リュー」をモデルにしてよぉ、「る」に変換するルールになってんだぜ!

( ´ ▽ ` ){ませら亭 メラク&ボウラのぼけゴロ史解説壱席 |*`▲´*/≪
( ´ ▽ ` ) { この年の2月の記録に初めて「検非違使(けびいし)」の名前が現れるんでありんすよ。
|*`▲´*/ ≪ カッコ良く言うとよぉ、「検非違使の初見(しょけん)」になるぜ!ってぇトコだあな……ってやんでい!それよか肝心の検非違使ってぇのは何になるんでい?!
( ´ ▽ ` ) { あら、やっぱお聞きになさるんですかい。
|*`▲´*/ ≪ ったりめぇよ!
( ´ ▽ ` ) { 検非違使が何なのか覚えんにはその名前から連想するようにして覚えるんがいいんでありんすよ。
|*`▲´*/ ≪ でぇ、どうなるんでい?
( ´ ▽ ` ) { 検非違使の「検」は今で言う「検察」を表しやんす。「検察官」ですな。「検事」ってぇ言った方が分かりやすい人もいるかもしれねぇでありんすなぁ。
|*`▲´*/ ≪ 検察官ってぇいったらよぉ、刑事事件の裁判で被疑者つまり犯罪を犯したと疑われてる人物を訴えて犯人であることを裁判の中で証明しようとする側の人達のことだあな。
( ´ ▽ ` ) { まあ、だいたいそんなトコになりんすかな。でですな、検非違使の「非違」は「非法」「違法」を表し、最後に残りんした「使」は「天皇の使者」を表すんでありんすよ。
|*`▲´*/ ≪ ふうん。するってぇと、検非違使ってぇフレーズは英語的に言うと「検」が「検察する」ってぇ動名詞か不定詞みてぇなもんで、「非違」は、その「検察する」ってぇ動詞に掛かる目的語としてあるワケでよぉ、だから「非違」を「検察する」ってぇ成って、それが最後の「使」に掛かるワケだ。つまり、「非違を検察する使い」ってぇことだぜ!
( ´ ▽ ` ) { わー、パチパチ。なりんす、ありんす。
|*`▲´*/ ≪ なんかよぉ、馬鹿にしてねえか?
( ´ ▽ ` ) { そんなことねえでありんすよ。でぇ、もうちっとだけ詳しい説明をしとくとですな、検非違使は日本の律令制下の令外官のひとつになりんして、検非違使庁の官人であり、京都の治安維持と民政を所管したんでありんすよ。それから平安時代後期に入るとですな令制国にも設置されるようになりんす。
|*`▲´*/ ≪ なるなるだぜ!
資料
準備中


posted by ヒストリック・パパ at 01:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ▷平安時代 B 815年〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。