2012年04月11日

834年(最後になる遣唐使の任命)

▼年号 〈ダジャレ・スタイル〉のゴロ(語呂合わせ)
834

ゴロ@
晩餐しとこう、検討しとこう
右向き三角1ゴロの仕組右向き三角1
言葉の
  説明右向き三角1
(ダジャレなど)
晩餐

読みは「ばんさん」
検討しとこう

遣唐使渡航
      韻  右向き三角1
(ラップ)
晩餐しとこう検討しとこう

     ⇅ 右向き三角1
数字




×




×


l*`▲´*/≪ませら亭 暴羅のゴロの解説壱席 }( ´ ▽ ` )
|*`▲´*/ ≪ ゴロには「渡航(とこう)」ってぇあるけどよぉ、実際にそん時の中国・唐へ渡航したんは4年後の838年7月になりやがるからよぉ、そこんとこ間違えねぇで覚えてくれよな!

( ´ ▽ ` ){ませら亭 メラク&ボウラのぼけゴロ史解説壱席 |*`▲´*/≪
( ´ ▽ ` ) { この年、834年に結果的にではありんすが最後の遣唐使さんが任命されやんす。でぇ、実際にその当時、今の中国を統治していた国になりんす「唐(とう)」に渡航したんはその4年後の838年7月のことになりんすよ。
|*`▲´*/ ≪ それは、おいらがゴロ@のトコで説明したぜ。
( ´ ▽ ` ) { 一応、念には念を、ってぇことで。ちなみに帰朝は839年8月になりんす。
|*`▲´*/ ≪ あ、それ言ってねぇ。
( ´ ▽ ` ) { あら。
|*`▲´*/ ≪ それにしてもよぉ、「結果的に」ってぇのはどういうこってぇ?てやんでい!この野郎、メラク、教えやがれ!
( ´ ▽ ` ) { あはらはら。結果的にはと言うんたんはですな、この後にも遣唐使を派遣する計画が立てられたんでありんすが、任命されなんした遣唐使がですな、もう日本はわざわざ唐に正式な人間を送ってまで学ぶことは何もない。これからはもっと国内独自の文明・文化の発達に心血を注ぐべきだと主張してその意見が朝廷に受け入れられ、寸前に取り止めになったんでありんすよ。でぇ、その後そのまま遣唐使制度が復活することはありませんでした、というお話になりんす。
|*`▲´*/ ≪ てか、本当はそいつただ遣唐使になって、中国に渡るのが嫌だっただけなんじゃねぇのか?船が沈没したら嫌だとかよぉ、超船酔いする体質だったとかさ。
( ´ ▽ ` ) { あはらはら。当時の渡航技術は現代に比べたらお粗末なものであったでしょうからなぁ。実際に遣唐船が難破して漂流したり、沈没して海の藻屑(もくず)として消えてしっまたなんて記録は、いっぱいありますからなぁ。
|*`▲´*/ ≪ そういやあ、前のゴロに出て来た「鑑真(がんじん)」さんなんざぁ、確か唐から日本へやって来んのに6回目の渡航でやっとこさ成功してたどり着いたんだったよな。後は全部、船が流されたりしたわけだろ?
( ´ ▽ ` ) { あいな。だから、大大大冒険になりんすよ。
|*`▲´*/ ≪ っでぇ、その取り止めさせたん野郎ってぇのはどういう野郎なワケ?
( ´ ▽ ` ) { 有名な「菅原道真(すがわらのみちざね)」さんになりんす。
|*`▲´*/ ≪ えっ!あの?天神さまの?学問の神様の?梅の句で有名な?
( ´ ▽ ` ) { あいなりんす。
|*`▲´*/ ≪ う〜ん…「らしい」っちゃあ、「らしい」し。「料簡狭い」ちゃあ、「狭い」感じだし…
( ´ ▽ ` ) { まあ、菅原道真さんのことは後のゴロで出てきやんすから、この話はまたそん時にということで。
|*`▲´*/ ≪ それが、いいわな。
資料
準備中


posted by ヒストリック・パパ at 01:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ▷平安時代 C 830年〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。