2012年04月12日

842年 7月(承和(じょうわ)の変)

▼年号 〈ベーシック・ダジャレ・スタイル〉のゴロ(語呂合わせ)
842

7月
ゴロ@
野心に情は変ですよ
右向き三角1ゴロの仕組右向き三角1
言葉の
  説明右向き三角1
(ダジャレなど)
情は変

承和(じょうわ)の変
      韻  右向き三角1
(ラップ)
このゴロでは無し

     ⇅ 右向き三角1
数字






×


じょ

×
l*`▲´*/≪ませら亭 暴羅のゴロの解説壱席 }( ´ ▽ ` )
|*`▲´*/ ≪ 「ん」は数字に変換しないルールになってんからよぉ、そこんとこナニトゾ1つヨロシクだぜ!

( ´ ▽ ` ){ませら亭 メラク&ボウラのぼけゴロ史解説壱席 |*`▲´*/≪
( ´ ▽ ` ) { この年の7月15日に前の天皇になりんす「嵯峨上皇(さがじょうこう)」さんがお亡くなりになりんした。2年前にお亡くなりになりんした「淳和(じゅんな)上皇」さんを加えると朝廷は立て続けに大物権力者を失ったワケでありんして、これで、一気に政局が動くことになりんす。
|*`▲´*/ ≪ ふうん。でぇ、実際にはどんな風に動いたんでい!?リボミタンデイ!
( ´ ▽ ` ) { あらあら、単なるおやじギャグになりんすなぁ。具体的に言うとですな、「橘逸勢(たちばなはやなり)」さんと「伴健岑(とものこわみね)」さんによる東国での挙兵計画が発覚する、という事件が起こりやんす。
|*`▲´*/ ≪ 橘逸勢さんといやあ、前のゴロにも出てきた「三筆(さんぴつ)」の1人に数えられるくれえ字を書くんがうまいんで有名なお人だあな。なんでまた、そんな似合わなそうなことしでかしたんでい?
( ´ ▽ ` ) { 挙兵計画の理由は、そん時の皇太子になりんす「恒貞親王」さんの次期天皇候補としての立場が危うくなったんを心配してのことだったと言われてるでありんすよ。
|*`▲´*/ ≪ はは〜ん。そこで、いっちゃん初めの大物2上皇の死という振りにつながるワケだな。
( ´ ▽ ` ) { あいな。皇太子になりんす恒貞親王さんはすでにいない淳和上皇さんのお子さんになりんすによってなぁ。しかも、こん時の天皇の「仁明(にんみょう)天皇」さんは嵯峨上皇さんのお子さんになりんすによってなぁ。そんでもってですな、嵯峨上皇さんは淳和上皇さんのお兄さんになりんすによってなぁ。
|*`▲´*/ ≪ なるなる。つまり、淳和上皇さんは決められた通り、兄貴の子供を皇太子にして、さらに決められた通り天皇の位も譲ったワケだ。で、そん代わりと言っちゃあなんだか、今度は自分の子供を皇太子につけてもらったワケでよぉ、当然、そんまんま天皇になるはずが、そういう取り決めみたいんを実際に付けただろう2人の上皇さんがお亡くなりになってよぉ、その密約みてえなのの拘束力がひどく弱わっちまったてぇトコだあな。
( ´ ▽ ` ) { なりんす、ありんす。要点をかい摘むとですな、こん時の天皇の仁明天皇さんのお子さんになりんす「道康(みちやす)親王」さんを擁立する画策が、道康親王さんのお母さんであり仁明天皇さんの奥様でもある「順子」さんのお兄さんになりんす「藤原良房(ふじわらのよしふさ)」さんによってなされていたことが橘逸勢さん達の謀反計画の原因とされているでありんす。そもそも、橘逸勢さん達の謀反計画自体が、この藤原良房さんの謀略つまり罠だったと言う説もありんすよ。
|*`▲´*/ ≪ こういうんは決まって藤原な。しかも、「橘」っていやあ「橘奈良麻呂」さんも藤原氏との権力争いで破れたような。
( ´ ▽ ` ) { なりんす。でぇ、この謀反計画発覚によって橘逸勢さん達は捕まって島流しの刑を受けることになりんす。でですな、これらの事件を総じて「承和(じょうわ)の変」と言うんでありんすよ。
|*`▲´*/ ≪ はーい!ここ1番注目!「承和の変」!ってぇ言いたくなるようないかにもテストに出て来そうな感じの名前だぜ!
( ´ ▽ ` ) { あはらはら。でですな、こん年の8月4日、仁明天皇さんのお子さんになりんす道康親王さんが立太子、つまり皇太子になりんした。
|*`▲´*/ ≪ うお!そりゃあ、藤原良房さんの謀略説も立つわな。
資料
準備中


posted by ヒストリック・パパ at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ▷平安時代 D 840年〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。