2012年09月20日

平安時代E860年〜

年号 〈スタンダード・スタイル〉のゴロ(語呂合わせ)
863

5月20日
@ 止(や)むさ 疫病 神泉苑
▷ゴロの仕組▷
言葉の
  説明
(ダジャレなど)
疫病

えきびょう
神泉苑

しんせんえん
      韻  ▷
(ラップ)
このゴロでは無し

       ⇅   ▷
数字








×


×
l*`▲´*/≪ませら亭 暴羅のゴロの解説壱席 }( ´ ▽ ` )
|*`▲´*/ ≪ 特に無しだぜ!
〈スタンダード・スタイル〉のゴロ(語呂合わせ)


A やむさ 怨霊 御霊会
▷ゴロの仕組▷
言葉の
  説明
(ダジャレなど)
なし

なし
      韻  ▷
(ラップ)
このゴロでは無し

       ⇅   ▷
数字








×


×
l*`▲´*/≪ませら亭 暴羅のゴロの解説壱席 }( ´ ▽ ` )
|*`▲´*/ ≪ ゴロ@とAはよぉ、2つを色々とハイブリッドさせて使いやすいようにカスタマイズしてくれよな。

( ´ ▽ ` ){ませら亭 メラク&ボウラのぼけゴロ史解説壱席 |*`▲´*/
( ´ ▽ ` ) { この年の5月20日に「神泉苑(しんせんえん)」にて「御霊会(ごりょうえ)」が行われやんした。
|*`▲´*/ ≪「ごりょうえ」ってぇ、また、えらくわざと難しい読み方して。そりゃイッテーゼンテーなんでー!?
( ´ ▽ ` ) { あはら。この当時、全国各地で疫病が頻発して世の中がすさんでいたんでありんすよ。でぇ、当時の人たちは考えたんでありんすなぁ、疫病の原因が政変で失脚した人びとが怨霊(おんりょう)化したせいなんじゃねえか!ってな風にでありんす。
|*`▲´*/ ≪ ははあん。前にも出て来た「早良(さわら)親王」さんの怨霊がまた出て来やがりやがったってぇ考えたワケだろうが。確かよぉ、「崇道(すどう)天皇」なんてぇ、天皇の座についてもいねえのによぉ、天皇の名前を死んでから贈られるなんて言うよぉ、歴史的に見りゃぁすっげー異例なことしてもらって、返って怨みに火を注いだんじゃねえかってぇ考えやがったんじゃねえかい?えい!メラクさんよぉ!!
( ´ ▽ ` ) {あはらはら。よおく、覚えておいででありんした。でですな、今回はその、早良親王さんに加えて「伊予親王」さん、その母親になりんす「藤原吉子(よしこ)」さん、「橘逸勢(たちばなのはやなり)」さん、「文室宮田麻呂(ぶんやのみやたまろ)」さんの怨霊も問題にされやんした。
|*`▲´*/ ≪ ふへー。これってぇ、多いんかねぇ、少ないんかねぇ…。どっちにしろよぉ、これらお人たちが当時すでにチョットおかしい死に方をしたってぇ考え方が当たり前のようにあったってぇ、見ることもできるワケだあな。
( ´ ▽ ` ) { そうなりんすなぁ。でぇ、この御霊会ですが国家的事業として大々的に行われたんはこれが初になりんす。
|*`▲´*/ ≪ つまり、これ以降、何度も行われるワケだ。
( ´ ▽ ` ) { なりんす、ありんす。
資料
準備中
_____________________________________________________________________________
↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い


posted by ヒストリック・パパ at 22:37| Comment(0) | ▷平安時代 E 860年〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。